ただいま育児休暇中。二人の子供(ちびっちょ→おにいちゃんとあーちゃん)の世話におわれてます。


by kitokitten
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:音楽( 9 )

a0025671_231972.jpg


行ってきました。
ちびっちょをおいて出かけることは初めてだったので、演奏会中も気になったりしましたが、楽しかった~。
今回のプログラムは、A.リード作品とJ.ウイリアムズ作品。

A.リード『春の猟犬』は吹奏楽のコンクールでよく聴いた曲だったので、高校の頃をちょっと思い出して懐かしくなりました。

アフリカン・シンフォニー~ブラスの祭典 ライヴ2006
会場で、前回の演奏会のDVDを売っていたので即購入。
前回はちびっちょを産んで1ヶ月たった頃だったので行けなかったのです。
でも、DVDで観られるなんてなんてラッキー。

次回演奏会も、祝日の午後からなので、チケットを会場予約しました。
『バーンスタイン・ガラ』ということで、オールバーンスタインプログラム。
楽しみです。


ちなみに、ダンナに預けたちびっちょは、私がいない時間のほとんどをお昼寝していたらしく、世話は楽だったようです。
[PR]
by kitokitten | 2007-05-20 23:19 | 音楽

のだめカンタービレ

のだめカンタービレ ベスト100 (通常盤)
オムニバス(クラシック) / / ソニーミュージックエンタテインメント


前々から、のだめカンタービレ(コミックのほう)で使われている曲をきちんと聴いてみたいなぁ。と思っていたので、ついに発売された!と言う気分です。
発売日の2日後くらいに買いに行ったのですが、1軒目のお店では売り切れでした。
デパートの中に入っている小さいお店だったので入荷していた数がそもそも少なかったかもしれないのですが。。。
2軒目のお店で無事に手に入れました。通常盤とそれより前に発売された特別盤で何が違うのか知りたかったけれど、結局わからないまま通常盤を購入。

8枚組なので、まだ全部じっくりきいたわけではないけれど、曲は聴いたことがあるけれど、曲名は知らない曲が、「あーこの曲だったんだ~」とわかって、かなり満足です。

このベスト盤以前にのだめがらみのCDはいろいろ出てるけど、ドラマで使用した「のだめバージョン」とか曲の一部分のみ収録っていう感じなので、あまりほしいとは思わなかったし、待ってて良かった^^

ところで、1月からのだめカンタービレのアニメが始まっているはず・・・と思って番組表を検索したのですが、テレしずでは放送していないことが判明(涙)
ケーブルテレビに入っているので、フジテレビも見られるけど、放送時間は子供と一緒に寝てしまっています。録画すればいいのだけれど、うちのディーガはなぜかデジタル放送しか録画できなくなってしまっているので、それも無理。><
まぁ、すでに2回見逃してしまっているので、あきらめます。

それにしても、テレしず。。。なぜアニメのだめの時間にくさデカの再放送なんて。。。
[PR]
by kitokitten | 2007-01-24 22:05 | 音楽

悲しいことに

私にとって今年の初めてのお楽しみだったはずの
シエナウィンドオーケストラのコンサートに行けなくなりました。
今回は、昨年亡くなった、アルフレッド・リードを偲んで、全曲リード作品だったので、
かなり楽しみにしていたのですが。。。

とても残念です。

もう、チケットもとってあったのに。。

しかも、この20回定期は発売2週間でチケットが売りきれ、追加公演が決定したというものすごいコンサートなのです。ちなみに、追加公演も残っているのはS席のみ。

(というより、たしか、どんな演奏会でもS席チケットが一番多いんですよね?
 勘違いしてたら、ご指摘ください。m(_ _ )m)

私が持っているのは、20日のもともとの公演のチケット。

追加公演が決定した時点で、2日連続で行こうかと考え、追加公演のチケットもとろうと思っていたのですが、もともとの公演も、追加公演も行けなくなるという、ショックな結果に終わりました。

結局、チケットは妹にあげることになりました。
妹は吹奏楽にかかわったことがないので、たぶん、知らない曲ばっかりだろうなぁ。

はぁ、「アルメニアンダンス」とか「エル・カミーノ・レアル」とか生演奏で聞きたかった。
CDなら持ってるんです。
しかも、「アレルヤ!ラウダムス・テ」なんか、パイプオルガン付きで聞けるんですよ!
それが一番聞きたかったなぁ。

せめて、このコンサート丸ごとCD化もしくはDVD化してほしいです。
[PR]
by kitokitten | 2006-01-17 12:41 | 音楽
a0025671_043254.jpg
みなとみらいで行われた演奏会に行ってきました。
【曲目】
イベール:室内管弦楽のためのディベルティメント
ビゼー:《カルメン》第1・第2組曲より
     闘牛士・前奏曲・アラゴネーズ・間奏曲・ハバネラ・ジプシーの踊り
ドヴォルザーク:交響曲第8番と長調op.88
(アンコール)
チャイコフスキー:アンダンテカンタービレ

シエナウィンドオーケストラ以外の佐渡さんが指揮する演奏会はこれがはじめて。
しかも、オーケストラを聴きに行くのも3・4年ぶりくらい。
クラシックの演奏会というと指揮者は一言もしゃべらず、指揮をするだけというイメージがありましたが、佐渡さんだから違うかなと期待していました。
そしてやはり、期待通りでした。
1曲目が室内管弦楽だったために2曲目の前にステージの配置換えがあり、その間に佐渡さんが出てきてお話とリコーダーで1曲披露というおまけがついていました(*^∇^*)

久々のオーケストラは吹奏楽とは違う良さがあってもっとオーケストラの演奏会に行きたくなりました。
弦楽器ってとっても素敵だなぁと感動したのが、アンコールの「アンダンテカンタービレ」でした。
演奏する前に佐渡さんが「甘くて切ない曲を」と言っていましたがその通りでした。
シエナの演奏会の場合は最高に盛り上がって演奏会が終了となりますが、今回はしっとりと終わりました。
一緒に行った友達が
「実はクラシックの演奏会は今日が初めてで最初はとても緊張していたけど、とてもよかった♪」
と言ってくれたので良かった。

残念だったのは、アンコールのアンダンテカンタービレの一番最後。
ヴァイオリンの最後のメロディがPになっていって、これからその余韻が消えるか消えないか・・・
と言ったところで、大きなセキをしたお客様がいらっしゃいました。
ちょっと雰囲気が台無し。(・_・、)
後もう少しだけ我慢して欲しかった・・・。
[PR]
by kitokitten | 2005-11-15 22:36 | 音楽
ということで、今回の演奏会の指揮者は佐渡さんではなく、下野竜也氏です。
名前は良く聞いていたのですが、この人の演奏会は初めてです。

毎回、仕事が終わらず、最初から聞けないのが残念です。
第1部は1曲しか聴けませんでした。

だから、第2部から。

第2部のゲストはエリック・ミヤシロ氏です。
以前も登場しましたが、この人のトランペットはすばらしいですね~♪
今回のテーマはジャズなのですが、エリック氏は5種類ものトランペットを使用して、
ジャズの歴史を紹介してくれました。
どんな曲で紹介したのかは、私が書くより、こちらがいいですね。

5種類のトランペットって想像できますか?
(正確にはトランペットの仲間といったほうがいいのかもしれませんが。)

・B♭トランペット 
 これは一般的に言われるトランペットです。
 ここで見れます。YAMAHA楽器:トランペット
・コルネット
 トランペットよりも、楽器も丸みがあるし、音も丸みがあります。
 ここで見れます。YAMAHA楽器:コルネット
・フリューゲルホルン
 吹奏楽ではだいぶメジャーな楽器ですよね。だいぶ上の楽器よりシンプルな感じ。
 ここで見れます。YAMAHA楽器:フリューゲルホルン
・ファイアーバード(聞き間違えたかな・・・検索しても出てこない><)
 私はこの楽器をはじめて見ました。
 普通トランペットにはピストンとアンブシュアで音を変えるのですが、
 この楽器にはトロンボーンのようにスライドがついているのです!!
・メデューサ
 この楽器はエリック氏のために作られたもので、世界に1つしかないそうです。
 っていうか、見た目がすごい。
 だって、ベルが3つあるんですよ?
 普通、管楽器はベル1つですよね。
 ちょっとびっくりしていたのですが、お話によると、過去ベルが2個ある楽器はあったそうなのです。でも、2つじゃ同じだから、3つにしようと作られたのがこの楽器だそうです。
 この3つのベルのうち2つに異なるミュートがついているので3種類の音色をひとつの楽器で出すことができます。
 どのベルに音を出すのかは、普通より余分についている2つのピストンで変えることができるそう。
 文字で説明するのはとても大変。
 写真を撮ってよいなら、撮りたかった。


さて、指揮者の下野氏ですが、とても素敵な方でした。
2部では、指揮者の方のお話があるのですが、そのお話がまたいいのですよ。
ぽてっとしているけどとてもかわいらしい感じ。(目上の人を表現する言葉ではないですね^^;)

シエナは必ず、演奏会のアンコールで楽器を持ってきた聴衆と『星条旗よ永遠なれ』を演奏します。指揮者が違う今回もきちんとありました。
毎回、いろいろな楽器を持ってくる方がいますが、今回はバグパイプの人がいました。
で、もっとびっくりしたのは指揮者の下野氏が楽器を持って登場したことです。
毎回、素人指揮者が壇上に3人ほど上がってくるのですが、佐渡氏も金聖響氏も一緒に指揮をするんです。でも、下野氏は最初振っただけであとは、一緒に楽器を演奏しているんです。
それも楽しそうに♪
今回、素人指揮者は一人。しかも、小学生くらい?
大丈夫かな~と思ったけれど、難しいところは戻ってきて一緒に指揮をしたから大丈夫だったのですが、こんなパフォーマンスは初めてだったから、結構客席も喜んでました。

さて、次回のシエナの定期演奏会は1ヶ月前に亡くなったA・リード氏を偲んで、全曲A・リード作曲の曲になったそうです。
A・リード氏が亡くなったということをまったく知らなかったのですが、この方は吹奏楽の神様といわれる人。私が中学・高校の吹奏楽部で演奏した曲もたくさんあります。心からご冥福をお祈りします。
[PR]
by kitokitten | 2005-10-14 22:49 | 音楽

のだめカンタービレCDBook

のだめカンタービレSelection CD Book
二ノ宮 知子 / 講談社

だいぶ前に発売されていたのは知っていたのですが、曲の1部しか(1楽章のみとか)入っていないので、買うのをためらっていました。
しかし、妹たちの「それくらい買ってよ~」という声に負けて購入。

でもな~
やっぱり、曲名見ると
「ガーシュイン:ラプソディインブルーより」
とか書いてある><

「より」ってなに?「より」って。。。

案の定、全曲は入っていません。全楽章聞きたい!><
まぁ値段からして仕方がないのですが、くぅぅ
これじゃぁちゃんとしたCD買いなおしです。
手に入れるのが難しそうなのもあるし、既に持ってる曲もあるから、とりあえず下の2曲が入っているCD探しに行こう。

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調作品18

リスト:メフィストワルツ


ラフマニノフのピアノ協奏曲は第3番は持っているんだけどなー。
3番は何年か前の映画(名前失念><)の影響もあるのか、結構CDはあるんだけど。

高校生のときはオーケストラをやっていたのですが、やはり、一番好きなのはピアノの音かもw
[PR]
by kitokitten | 2005-09-15 23:19 | 音楽
シエナ・ウィンド・オーケストラの第19回定期演奏会に行ってきました。

指揮は佐渡裕。最近、佐渡×シエナは冬の定期が多かったのですが、今年は夏に登場。

シエナのコンサートはいつもとっても楽しくて、たくさんのパワーをもらいます。

今回特にすごかったのは、第2部音楽のおもちゃ箱。
毎回、そのときまでのお楽しみなので、今回はどんな内容なのか楽しみにしていたのですが、いきなりシエナのメンバーがセーラー服で登場!!
会場はびっくりでした。でも、フルートメンバ似合いすぎ。かわいい。

去年の話題映画『スィングガールズ』のメドレーが1曲目だったので、セーラー服姿も納得。
そして、2部最後の曲。
「夏らしくサンバを演奏します。」と指揮者の佐渡さんが言って、なぜか舞台袖に消えていったので、まさか・・・とは思っていたのですが、期待を裏切らず、

指揮者の佐渡さんマツケンサンバの格好で登場!!

会場は大ウケです!!写真撮影が許されている場所なら絶対写真を撮りたかった><
そして、マツケンサンバをそのまま演奏。
途中でシエナメンバの腰元ダンサーズも登場して、佐渡さんも踊る!!
(風邪を引いて熱があったみたいなのですが、、、さすがプロ根性^^)
さらに、観客にも参加させてもう1回。
盛り上がったし、楽しかった~

実は、今までシエナのコンサートは2階席でしか聴いたことがなかったのですが、今回は1階のセンターしかも前から6列目!!かなり近いので、佐渡さんやシエナのメンバの表情もよく見えました。シエナはやはり、近くで見ないともったいない。

久々のシエナでリフレッシュ。よかったよかった。

ちなみに、CD「ブラスの祭典3」とDVD「ブラスの祭典ライブ2004」を購入しました。
去年の演奏会の録音・録画だけど、これは絶対感動するので元気がなくなったときに。


追記 ちえちゃん
マリンバのナカイくん。健在でした。
2部の衣装も違ってたし。髪型もすばらしかったw
見せたかったよ。
[PR]
by kitokitten | 2005-06-14 23:30 | 音楽

クラシック三昧

エキサイトのニュースExcite エキサイト : クラシックCD大ウケ…名曲100選が6枚3000円 にTB

今年に入って、「のだめカンタービレ」にはまったせいか、私のクラシック熱がまたあがってきました。

このCDも先々週見つけて購入♪最近はいつもこのCDばかり聞いています。

私の音楽との付き合いはクラシックが一番長いかな。

母が音楽の教師だったせいもあって、小さいころからクラシックが流れているのが普通でした。
小学生の頃はピアノを習っていたし、(でもいろいろあって、小学生のときだけ)
中学・高校は吹奏楽部に入ってました。
吹奏楽は吹奏楽オリジナルの作品だけではなく、クラシックのオーケストラ作品の吹奏楽アレンジ版などもあったし、うちの高校は夏の文化祭の時期だけ、オーケストラを吹奏楽部のメンバーと弦楽部のメンバーの混成でつくっていたので、この時期はクラシックばっかりでした。今もっているクラシックのCDもほとんどこの時期に集めたものかな。

大学に入ってからは日本の伝統音楽のほうに行ってしまったのでクラシックから離れてしまったし、仕事についてからは、忙しくて、音楽そのものから離れているかな。

昔は、ちょっと聞けば、曲名を答えられるものが多くあったのに、最近ではすっかり聞かなくなっていたので、忘れかけてます。
このCDで久々に曲名と曲が一致したりしました。

クラシックと長いというだけで、人並みに普通の音楽聴きますよ。カラオケ大好きだし^^;
念のため。
ちなみに最近の曲はネットで購入することが多くなって、CD屋にもレンタルもあまり行きません。
だって、ネットで買うと歌詞もついているからカラオケの練習するにはそっちのほうが楽^^
パソコンで作業しながら気軽に聞けて、その場で歌詞も確認できるのはとても便利
[PR]
by kitokitten | 2005-05-31 22:00 | 音楽
私が、ここ7年ほど必ず欠かさず行くシエナウィンドオーケストラの定期演奏会に行ってきました。
相変わらず、ホールは熱気でいっぱいでした。
11月の時点でチケットは完売だったそうで本当に空いている席はほとんどなかったです。

シエナ×佐渡裕は1部2部3部どれもいいのですが、やっぱり、2部がすごかった。
プログラムには石川直さんがゲストとして紹介されていましたが、それ以外にも大阪府淀川工業高校吹奏楽部の丸谷先生が客席から登場。
丸谷先生と佐渡さんとのやり取りが面白かった。客席も大ウケw
石川直さんも登場で、シエナのパーカッションパートの人たちと超絶技を披露。
石川さんはブラストを観にいったので知っていましたが、今日のほうがすごさを感じました。
2部の曲
・大河ドラマ新撰組のメインテーマ(団員によるジョン・ケン・ヌッツォ風合唱つきw)
・「ガイーヌ」から、『剣の舞』と『レスギンカ』
 この曲は石川さんとシエナの競演

3部のアルメニアンダンスは思い出の曲。
イントロを聞いて鳥肌立っちゃいました。

アンコールは
・ホルスト「第一組曲」からマーチ
そして、毎回恒例、会場全員参加の
「星条旗よ永遠なれ」
聴衆がそれぞれ持ってきた楽器を手に、ステージに集合して全員で演奏。
もちろん楽器を持っていない人も拍手で参加して盛り上がるのです。
この瞬間は、いつもジーンっとしちゃいます。

きょう初めて行った友達に
「これは病みつきになるね。」
といわれました。その通りです!!

今回の演奏会の様子はDVDになって、来年の5月に発売されるそうです。
[PR]
by kitokitten | 2004-12-20 23:40 | 音楽