人気ブログランキング |

ただいま育児休暇中。二人の子供(ちびっちょ→おにいちゃんとあーちゃん)の世話におわれてます。


by kitokitten
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

暖冬の影響

a0025671_23375018.jpg10月からの産休に入るときに、時間をもてあまして、テレビばかり見る生活になるのではないかと思ったので、生まれてくるちびっちょのために何か作ることにしました。
本屋さんでいろいろ探した結果、かぎ針編みのベビードレスを作ることに決定。
早速、材料を買い揃えて本を参考に作り始めたのですが、、、
実は編み物初心者です。^^;
網目の記号を読み解き、編み方の絵を解釈し・・・
慣れない事なので肩が凝る凝る>< 
しかも、編んでも編んでもなかなか終わりが見えない。

ということで、実は10月半ばに後ろ身頃半分編んだところで挫折しました。
おばあちゃんも見かねて「ベビードレスなんて間に合いそうにないからベストにしたら?」と言う始末。
しかし、11月に入って予定日が近づいてきても、なかなかちびっちょが生まれる気配がなく、不安でどうしようかと思っていたとき、ふとベビードレスができないからちびっちょは出てこないんじゃないか。と思いつき必死で編みました。

お医者さんからはたくさん動くようにと言われていたのに、散歩にも行かず編んでました。
今考えると、だからいけなかったんじゃないの?って感じですけどね。

本当は編み目を調節して指定された編み目の数で指定されたサイズになるようにしないといけないのですが、それを気にしていると何回もやり直さなければならなくなるのでこの際無視。
結局出来上がったのは、生まれる前日の午前中。
サイズは後ろ身ごろと前身ごろの長さが微妙に違ったり、袖ぐりがうまくあわなかったりしたけれど縫い合わせるときにごまかしました。

そんなこんなで作ったベビードレス、無事退院の日にちびっちょに着せることができました。
次に着たのは1ヶ月検診のとき。
でも、今年は暖冬で、ほとんどこのベビードレスを着ることなく終わってしまいました。
ちびっちょをお出かけさせること自体余りなかったせいもあるのですが。
がんばって作った割にはあまり出番がなく終わってしまうのがちょっと寂しいです。
初心者にしては上出来だったと自負しているんですけどね。
by kitokitten | 2007-02-28 23:59 | 子育て

枝垂れ梅

a0025671_15285444.jpg

咲きました。
昨日の雨のせいかちょっと色あせてます
by kitokitten | 2007-02-21 15:28

鶴林堂閉店

あるサイトで松本市の鶴林堂書店が閉店することを知りました。
2月17日付けの信濃毎日新聞に記事が載っていたそうです。
詳しい情報を知りたくて調べていたら、shibanoさん
鶴林堂書店の閉店という記事を見つけました。
この記事によると、街の(それも地方都市の)書店という商売はすごく難しいのだそうです。
「本が売れない」ことに加えて「インターネットで本が買える」ことで書店に足を運ばなくなっている。その上、地方都市ならではの事情もあるようです。
この記事を読んで、なるほどなと思ったのですが、個人的にはとてもさびしいです。
今まで、帰省したときにはなんとなく立ち寄ることが多かったのですが、次に行ったときにはないんだなぁ。。。

鶴林堂は私にとって初めて本屋の楽しさを味わった場所です。
まだ小学校に上がる前に父親に連れられて絵本を買ってもらい、同じビルのレストランでクレープ(?!幼かったので記憶があいまいですが)を食べて帰ったことを覚えています。
私が選んだ絵本は買ってもらえず(たぶん買ってほしい本が多すぎたのだと思う)、レストランでも自分の食べたいものを選べず、帰りにはひどい車酔いをしたという苦い想い出つきですが・・・。^^;
高校時代には毎日のように鶴林堂で1時間ほど立ち読みしたり(買わなくてごめんなさい><)、参考書を選んだりして帰っていました。
ビルごと本屋さんだったので、あらゆるジャンルの本があって、何時間いても飽きない場所でした。
今でも、大きな本屋さんが大好きです。
今住んでいるところではなかなか、私のお気に入りの本屋さんを見つけることができないのが残念。
東京や横浜の大きな本屋さんが恋しくなります。
by kitokitten | 2007-02-21 01:14 | つれづれ

ボウケンレッド

a0025671_1541973.jpg

TSUTAYAの店先でボウケンレッドを発見!外はまだ肌寒いのにちびっ子達は大興奮でした。
うちのちびっちょもそのうち夢中になったりするのかなぁ
by kitokitten | 2007-02-18 15:41
バレンタイン用に作ったチーズケーキのレシピは、フィラデルフィアのクリームチーズのパッケージに書かれているものです。
とっても簡単でおいしくできて初心者でも失敗なしだと思います。
大学時代から、このレシピを使っていてとってもお気に入りだったのですが、今回3年ぶりぐらいにチーズケーキを作ろうとパッケージを見たところ、こんなレシピだったっけ・・・?!なんとなく違うような。。。と思っていました。
実際に作ってダンナと二人で食べてみて、「あれ?前と味が違うね。前よりあっさりしていない?!」ということになり、やっぱりレシピが変わっているに違いない。と確信しました。
(とても簡単なレシピなので作る途中で失敗するような部分がないのです。)

前のレシピで作ったチーズケーキが好きだったのになぁ。と残念に思っていたのですが、ふと、こういうこともあるのではないかと思って、昔のパッケージを取って置いたはず・・・。
でも、引越しのときに捨てちゃったかなぁ。あきらめ半分で料理の本をかたっぱしから調べていたら、無事見つけました。
見つからなかったら、フィラデルフィアに電話して聞いてしまおうかと思っていたくらい、前のレシピが良かったので一安心。

過去のパッケージと今のパッケージに書かれているレシピを確認すると、やっぱり変わっていて、新しいレシピは小麦粉を入れるようになっていました。それ以外の分量は変わっていないので(正確にはレモン汁の量も変わっていたのですが、もともとレモン汁は指定通りに入れていないので除外)小麦粉を抜けば前の味になるはず。
折を見て、もう一度挑戦してみないと。
by kitokitten | 2007-02-17 23:57 | つれづれ
なんだか急にできることが多くなってきた気がします。
「この日にこれができるようになった!!」ってきちんと記録しておければ良いのかもしれないのだけれど、毎日があっという間に過ぎてしまううちに、初めてできるようになった日がいつだったのかあいまいになってしまったので、まとめて記録。

その1
「あーあーうーうー」といったおしゃべりする時間が増えた。
寝かせておいても一人でおしゃべりしていたり、歌を歌ってあげると一緒に歌っているように声を出したり。
調子が良いときには声を出して笑うことも。
あとは、起きた時に泣くのではなくて、「あーい」と叫びます。
叫んだときに私がちびっちょのそばにすぐ行ってあやしてあげたりできればご機嫌だけど、叫んでいるのになかなか誰もちびっちょのそばに来てくれないと、ちょっと泣いてみる→それでも誰も来ないと、本格的に泣き始める。といった感じで泣き方にも知恵がついた感じです。

その2
グーの研究
自分の手をしげしげと眺めるようになりました。
最初は右手、次に左手。手をグーにしたり、開いてみたり。
あとは手を口に入れててみたり。
お腹が空いてくるとすぐ泣くのではなくて、手をしゃぶってしばらく我慢しているみたい。

その3
ガラガラに興味をもつ
前まではガラガラを握らせても反射的に握っているだけだったけど、最近は握ったガラガラを自分で見える位置まで持ち上げて眺めたり、口に近づけてみたりするようになりました。

その4
首が座りはじめた
縦抱きをしても首があまりぐらぐらしなくなってきました。腹ばいにしても、首を持ち上げられるようになってきて、完全に座るまで後もう少し。
by kitokitten | 2007-02-17 23:32 | 子育て

立ち上がれ、ジョン!!

a0025671_1240920.jpg

明治チョコレートのCM。
「立ち上がれ、ジョシ!!」
が正しいのだけれど、どうしてもジョンに見えてしまいます。

バレンタインデーにはちょっとはやいけどチョコレートのかわりにチーズケーキ。

誰に挙げても、おいしい(o^~^o)と褒められる自信作です!
by kitokitten | 2007-02-11 12:40

ぐりぐりの結果

a0025671_17422149.jpg

眠りにつくまえに必ず頭を左右にぐりぐり動かします。頭の形がよくないから自分で落ちつく場所を探してるのかなあ。と思うのですが、はげしすぎます(笑)
もともと髪の毛がすくないのにぐりぐりするから細い毛が切れてしまってハゲのようになってしまいました
by kitokitten | 2007-02-01 17:42 | 子育て
妊娠中横になっていることが多かったせいもあり、結構本を読みました。
その都度記録していなかったので、何を読んだのか忘れてしまいそう。
今のうちに思い出して書いておきます。

赤ちゃんと話そう!生まれる前からの子育て―胎内記憶からわかった子育ての大切なこと
池川 明 / / 学陽書房
妊娠前期の頃、子供を産むことに関していろいろな不安があったときに読んだ本。
読んだあとは子供を産むのが楽しみになりました。
お腹に話しかけることが最初は独り言を言っているみたいでできなかったのだけど子供が生まれた後に胎内記憶を話すことがあるという内容を読んでから、積極的に話しかけるようにしました。お腹の中で何をしていたのかぜひ話してくれるといいなぁ。

赤ちゃん学を知っていますか?―ここまできた新常識
産経新聞「新赤ちゃん学」取材班 / / 新潮社
BookOffで「赤ちゃん」という文字に惹かれて購入。
赤ちゃんの発達についてまだ解明されていないことは多いのだそうです。
この本は言葉の習得の仕方やテレビの影響、アレルギーについてなど、研究途中ではあるけれど、興味深い内容が多く勉強になりました。

贅沢なお産
桜沢 エリカ / / 新潮社
品川駅で新幹線を待っている間に目に付いて購入。
出産方法について私は何も考えずに病院を決めてしまっていたの「こんな出産方法もあるんだ~」という発見がありました。

笑う出産―やっぱり産むのはおもしろい
まつい なつき / / 情報センター出版局
上の「贅沢なお産」の中で面白いと紹介されていた本



「贅沢なお産」も「笑う出産」も同じ出産をテーマにしていても、人それぞれなんだなぁと感じる内容で、「え、そんなんでいいの?」と思ってしまうことも。
良い意味で楽な気分になる本でした。
by kitokitten | 2007-02-01 00:23 | 読書日記